34789976_1017290365106491_25182341198679

シャンボールの想い

​世代を超えて

ケーキハウス・シャンボールは50年以上続く洋菓子店。

 

創業は昭和37年(1962年)。

三原で祖父が和菓子屋「清月堂」からスタートし、昭和47年(1972年)に父の代で洋菓子店に変わり、

店名も新たに「シャンボール」となりました。

平成12年(2000年)には三原から東広島へ、そして、創業した三原へと2019年に移転。

祖父から父、父から私へと三代ににわたり、昔ながらの製法を守りながら、「アデーシャン」をはじめ、お客様に喜んでいただけるケーキなど洋菓子を作り続けています。

素材へのこだわり

シャンボールのケーキたちは、オーナーパテシィエ自らが厳選したポストハーベストの心配がない、国産(北海道産)最高品質の小麦粉やビートグラニュー糖(てんさい糖)などの素材を使って作っています。

 

■「さんさい糖」

てんさい糖はさとう大根由来で、血糖値の上下を緩慢にする効果や身体を温める作用があり、お腹のビフィズス菌を元気にし、増やしてくれるオリゴ糖も多く含まれているので、お子様をはじめ女性やご家族にとっても、お菓子を食べてキレイになりたい味方になります。

 

■「卵」

シャンボールで使用している卵は、FFCという動植物の機能を高める作用があるといわれている卵を使用しています。

■「ベーキングパウダー」

小さなお子さんにとっては、ベーキングパウダーの成分・ミョウバン(硫酸アルミニウム)の排出力が弱く、体内に溜まる可能性があると発表されています。

シャンボールで作るお菓子は全て、アルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用して作っています。

■さらに厳選した材料

契約農家さんから届く新鮮な果物や野菜は、出来るだけ自然農法や無農薬で作られたものを厳選しています。厳選した果物や野菜を届けてくださる生産者さんたちに感謝しつつ、生産者さんをはじめいろんな方々の想いをケーキに込めて、お客様にお届けしています。
 

11/23(月)お休みいたします
ケーキハウス​ シャンボール
【所在地】 〒723-0011 
広島県三原市東町2-8-8(日赤病院前)
【Tel/Fax】 0848-63-8050
【営業時間】 10:00~17:30
【定休日】 月,火
曜日,第1日曜日
​【Mail】 chamboard1962@gmail.com
【通販サイトCreema】 ceema.jp/c/chamboard

© 1962 by Cake House chamboard

  • Facebook
  • Instagram